31-152 食育基本法施行から約10年を経過した現在における食をめぐる状況である。

問. 食育基本法施行から約10年を経過した現在における食をめぐる状況である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 食育に関心を持っている国民の割合は、90%以上である。

(2) 朝食や夕食を家族と一緒に食べる共食の回数は、減少している。

(3) 全国の公立学校の栄養教諭の配置数は、1,000人程度にとどまっている。

(4) 保育所保育指針の中には、食育が盛り込まれている。

(5) 食育推進計画を作成している市町村の割合は、約40%である。

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) 食育に関心を持っている国民の割合は、76%である。(平成30年)

× (2) 朝食や夕食を家族と一緒に食べる共食の回数は、増加している。
平成30年時点では、週10回となっている。

× (3) 全国の公立学校の栄養教諭の配置数は、6324人である。(平成30年)

(4) 保育所保育指針の中には、食育が盛り込まれている。

× (5) 食育推進計画を作成している市町村の割合は、約85%である。(平成30年)

⇐前   次⇒