34-91 離乳の進め方に関する記述である。

問. 離乳の進め方に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1) 探索反射が活発になってきたら、離乳食を開始する。

(2) 離乳食を開始したら、母乳をフォローアップミルクに置き換える。

(3) 離乳食開始後1か月頃には、1日3回食にする。

(4) 生後7~8か月頃(離乳中期)には、舌でつぶせる固さの食事を与える。

(5) 離乳期には、手づかみ食べをさせない。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) 哺乳反射が減弱してきたら、離乳食を開始する。
哺乳反射には、探索反射、捕捉反射、吸啜反射などがある。

× (2) 離乳食を開始したら、母乳をフォローアップミルクに置き換えない。
フォローアップミルクは、母乳の代替品ではない。離乳食で足りない栄養素を補うため、必要に応じて使用する。

× (3) 離乳食開始後1か月頃には、1日2回食にする。

(4) 生後7~8か月頃(離乳中期)には、舌でつぶせる固さの食事を与える。

× (5) 離乳期には、手づかみ食べをすすめる。
他にも、家族と一緒の食卓を楽しむなど、食べる楽しさの経験を増やしていくことが重要である。
 

⇐前   次⇒