36-3 水道法に基づく上水道の水質基準に関する記述である。

問. 水道法に基づく上水道の水質基準に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 末端の給水栓では、消毒に用いた塩素が残留してはならない。

(2) 生物化学的酸素要求量(BOD)についての基準値が定められている。

(3) 一般細菌は、「 1 mL の検水で形成される集落数が 100 以下」となっている。

(4) 総トリハロメタンは、「検出されないこと」となっている。

(5) 臭気は、「無いこと」となっている。

 

スポンサーリンク
答. (3)
解説

× (1) 末端の給水栓では、消毒に用いた塩素が残留しなくてはならない。
「給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1 mg/L以上保持するように塩素消毒をすること」とされている。

× (2) 生物化学的酸素要求量(BOD)についての基準値は定められていない。

(3) 一般細菌は、「 1 mL の検水で形成される集落数が 100 以下」となっている。

× (4) 総トリハロメタンは、「0.1 mg/L以下」となっている。

× (5) 臭気は、「異常でないこと」となっている。