35-33 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。

問. 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) クッシング症候群では、テタニーがみられる。

(2) 甲状腺機能亢進症では、低体温がみられる。

(3) 褐色細胞腫では、低血糖がみられる。

(4) アジソン病では、血中コルチゾールの低下がみられる。

(5) 尿崩症では、高張尿がみられる。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) クッシング症候群では、テタニーがみられない。

× (2) 甲状腺機能低下症では、低体温がみられる。

× (3) 褐色細胞腫では、高血糖がみられる。

(4) アジソン病では、血中コルチゾールの低下がみられる。

× (5) 尿崩症では、低張尿がみられる。
 

⇐前   次⇒