35-117 てんかん食とその摂取により生じる代謝に関する記述である。

問. てんかん食とその摂取により生じる代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 高炭水化物・低たんぱく質食である。

(2) 摂取により、血中 3 -ヒドロキシ酪酸値が低下する。

(3) 摂取により、血液 pH が上昇する。

(4) ケトン体は、筋肉で合成される。

(5) ケトン体は、脳で利用される。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

てんかん食は、てんかん発作を抑えるとされるケトン体を増やすために、低炭水化物・高脂質に調整された食事である。

× (1) 低炭水化物・高脂肪食である。

× (2) 摂取により、血中 3 -ヒドロキシ酪酸値が上昇する。
3 -ヒドロキシ酪酸は、ケトン体の一種である。

× (3) 摂取により、血液 pH が低下する。
酸性であるケトン体の増加により、血液のpHが低下する。

× (4) ケトン体は、肝臓で合成される。

(5) ケトン体は、脳で利用される。