34-15 最近の国民医療費に関する記述である。

問. 最近の国民医療費に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 国民医療費は、後期高齢者医療給付分を含む。

(2) 国民医療費は、正常な妊娠や分娩に要する費用を含む。

(3) 1 人当たりの国民医療費は、年間約 20 万円である。

(4) 65 歳以上の 1 人当たり国民医療費は、65 歳未満の約 2 倍である。

(5) 傷病分類別医科診療医療費が最も高い疾患は、新生物である。

 

スポンサーリンク
答. (1)
解説

(1) 国民医療費は、後期高齢者医療給付分を含む。

× (2) 国民医療費は、正常な妊娠や分娩に要する費用を含まない。
健康診断や予防接種などの費用も、国民医療費に含まれない。

× (3) 1 人当たりの国民医療費は、年間約 34 万円(平成29年度)である。

× (4) 65 歳以上の 1 人当たり国民医療費は、65 歳未満の約 4 倍である。

× (5) 傷病分類別医科診療医療費が最も高い疾患は、循環器系の疾患である。
次いで、新生物<腫瘍>、筋骨格系及び結合組織の疾患となっている。
 

⇐前   次⇒